ストレスでできるニキビはおでこだけじゃない、背中やデコルテにも

ストレスでできるニキビはおでこだけじゃない、背中やデコルテにも

「スキンケアに着目しているのに中々おでこニキビが治らない」「大人になってからおでこニキビで悩まされるようになった」という方はストレスが原因かもしれません。

 

おでこニキビの原因は基本的に皮脂の分泌量の増加です。10代の思春期はホルモンバランスの乱れによって皮脂が増え、毛穴に詰まって雑菌が繁殖することでブツブツが形成されます。

 

一方で、大人になってからのニキビはストレスによる自律神経の乱れが引き金となりやすく、心身を緊張した状態にする交感神経が優位になると男性ホルモンの分泌量が増えて皮脂が増加しやすいのです。

  • 漠然とした将来の不安など自分の感情から起こる心理的ストレス
  • タバコの煙や花粉などアレルギー物質による化学的ストレス
  • 職場や学校など人間関係から生じる社会的ストレス
  • 気温や湿度の変化など季節による環境的ストレス

 

上記のようにストレスと一口に言っても様々な種類に分けられ、全てが合わさっておでこニキビの原因に繋がります。自律神経の乱れだけではなく、ストレスに対抗するために分泌されるコレチゾールやアドレナリンの影響で男性ホルモンが刺激され、皮脂の分泌量が増加するのもおでこニキビの原因の一つです。

 

ストレスが原因の背中ニキビについて

 

ストレスが原因となって引き起こされるニキビはおでこのような顔だけではなく、背中やデコルテといった場所にも影響を及ぼします。

 

基本的に他の場所とメカニズムは一緒で、ストレスを受けた際に自律神経が乱れてホルモンバランスが崩れるからこそ背中ニキビが形成されやすくなるのです。

 

  • 背中ニキビは自分から見えにくい場所なのでスキンケアがしにくい
  • 顔よりも目立たない部位に形成されるので放置する人が多い
  • 衣服や肌着と常に接していて不衛生な環境に陥りやすい
  • シャンプーやコンディショナーの洗い残しで刺激を受ける

 

上記のような原因で背中ニキビの症状は悪化しやすく、治りにくいと言われている大きな理由かもしれません。全ての原因がストレスに潜んでいるわけではないものの、自分では気付かず知らず知らずの内に溜まっているケースは十分に考えられます。

 

就職や引越しによる環境の変化、人間関係のもつれ、子育てと仕事の両立など私たちがストレスを感じるポイントはたくさんあるのです。その結果、肌にダメージが加わって背中ニキビが治りにくくなっていることもあるため、毎日の生活で上手く発散させましょう。

 

  • 適度な運動を続けて汗をかく
  • 睡眠をしっかりと取って寝不足を解消する
  • 趣味の時間を増やしてリフレッシュを心掛ける
  • 半身浴でリラックスを心掛ける
  • カラオケに行って大声を出してみる

 

このようにストレスの発散方法はたくさんあるので、ニキビのない美肌を手に入れるためにも自分に合った方法を見つけてみてください。