メルラインに含まれるコラーゲンの効果を知ってますか?

メルラインに含まれるコラーゲンの効果を知ってますか?

美容と健康に良いとされるコラーゲン。
さまざまな食品やサプリメントに含まれており、その名前を聞く機会も多いですよね。

 

ニキビケア製品のメルラインにも含まれています。

 

漠然と肌に良い、ということを知っている方は多いと思いますが、
コラーゲンがどのように肌に影響しているのかは意外に知られていません。

 

今回は、コラーゲンが私たちの体に与える効果や効果的な取り入れ方を紹介していきます。

 

コラーゲンは体内の30%を占めている!?

 

そもそもコラーゲンとは、タンパク質のうちの一種であり、体内に占めているタンパク質の約30%を占めています。

 

コラーゲンにもさまざまなタイプがあり、骨や軟骨を作るコラーゲンや臓器を作るコラーゲン、そして肌を作るコラーゲンは全体のコラーゲンの内40%になります。

 

コラーゲンは加齢とともに、その数が減少すると言われています。これは、コラーゲンを生成する繊維芽細胞とよばれる細胞の活動が低下することで、コラーゲンの生成が減り、結果肌の弾力や皮膚のたるみの原因となっています。そこで、積極的にコラーゲンをとりいれることが、肌の若返りにつながると言えるのです。

 

コラーゲンには魚由来のものと肉由来のものがある

 

食品の中に含まれているコラーゲンにも、魚由来のものと肉由来のコラーゲンがあるとされます。

 

魚由来のコラーゲンは、熱で溶けやすく体内への吸収率が良いとされており、肉由来のコラーゲンは、溶解温度が高く、体内への吸収は比較的ゆっくりとされていますが、肌の乾燥を防ぐ上で重要な皮脂の分泌を促すとされています。
魚由来のコラーゲンが含まれている食品としてあげられるのは、フカヒレやすっぽん、魚の皮などが有名ですね。

 

また肉由来のものですと、牛スジや豚骨スープ、鶏皮、モモ肉などがあげられます。

 

しかし、コラーゲンを体内に取り入れる際に、食品だけでは全てが吸収される訳ではありません。

 

コラーゲンの分子は大きく、摂取したコラーゲンの多くは吸収されず排出されてしまい、すぐにお肌に影響がでる訳ではありません。
その為、よりコラーゲンを小さく分解し、体内へ吸収しやすくした、「コラーゲンペプチド」がより良いとされています。

 

コラーゲンペプチドが体内に吸収されると、前述にあげた繊維芽細胞が活性化され、コラーゲンの生成を促すと言われています。
サプリメントやドリンクに良く表示されているものの多くは、この「コラーゲンペプチド」となっています。

 

食品からだけではなく、上手にコラーゲンペプチドの入ったサプリやドリンクを取り入れると良いですね。

 

もちろん、メルラインのようにお肌から取り入れるのも良いでしょう。
化粧水や美容液にコラーゲンが配合されているものも多いです。

 

コラーゲンを効率良く取り入れるには「ゴールデンタイム」と「ビタミンC」がポイント!

 

コラーゲンは成長ホルモンがもっとも活性化するとされる22時〜2時の間にとることが、
コラーゲン量を増やすタイミングとして最適なようです。

 

しっかりと睡眠を取ることも大事です。

 

また、コラーゲンを取る際には、ビタミンCを併せてとるようにしましょう。

 

 

ビタミンCはコラーゲンを生成する際に必ず必要になるとされており、
また体内で生成されないので、体外から取り入れることが必要不可欠です。

 

そう考えると、鮭のホイル蒸しにレモンを添えたり、唐揚げにレモンを絞ったりすることは、食べあわせだけではなく美容面でもちゃんと理にかなっているんですね。また、コラーゲンそのものであるゼラチンを使い、レモンよりもビタミンCが豊富であるといわれているキウイの入ったゼリーもお勧めです。

 

まとめ

 

コラーゲンは1日5gの摂取で肌の生成に良いとされていますが、明確な基準値ははっきりとしていません。
しかし、大事なのは継続して毎日少しずつでも摂取すると言うことです。

 

日々の生活のなかで、少し意識するだけでもコラーゲンは取り入れやすいものです。
メルラインで美肌ケアはじめてみませんか?